花粉症・インフルエンザ・PM2.5対策グッズの通販・卸【Kameya】当店で販売しているマスク密着グッズは、医療や食品加工に携わる方におすすめです。メガネの曇り低減にも!

マスクの正しい使い方

  • HOME »
  • マスクの正しい使い方

マスクを着用する際には隙間をなくすのが大切で、正しい使い方をすることで役割をしっかり果たします。隙間をなくす以外で重要となる、マスクの正しい使い方をご紹介します。

口・鼻・顎をしっかり覆う

多々見られるのが、口だけは覆って鼻は出している姿です。確かに、鼻までマスクで覆ってしまうと息苦しく感じられたり、メガネをかけている人であればメガネが曇ったりすることがあります。

しかしそれでは、自分の咳やくしゃみは飛散しなくても外からのウイルスを吸い込んでしまうことになり、自分を保護することが出来ません。そのため、風邪対策・インフルエンザ対策をしっかり実践するためには、口・鼻・顎をしっかり覆うようにして装着しましょう。

フィルター部分には触れない

マスクのフィルター部分には、ウイルスが付着していることが考えられます。そのため、フィルター部分に触れてしまうとウイルスが手に付着してしまう可能性があるのです。そんな手で触った食べ物を口に運んでしまうと、風邪やインフルエンザになる確率がより高まります。

マスクの使用中は、フィルター部分に触れないようにしましょう。もちろんマスクを外す際もフィルター部分には触れず、ゴムひもを持ってから外すようにしてください。

マスクを外した後は確実に手洗い

手洗い

マスクを外した後は、確実に手洗いを行いましょう。上記のように、フィルター部分に触れることなくマスクを外したとしても、ゴムひもにウイルスが付着している可能性があります。

どんなにフィルター部分に注意をしてマスクを外しても手にウイルスが付着していることも考えられますので、マスクを外した後は確実に手洗いをするのが大切なのです。

上記の使い方を実践することで、風邪やインフルエンザ予防以外にも花粉症・PM2.5・粉塵・ウイルスの対策アイテムとしてご使用いただけます。当店では通販にて、マスク密着グッズ「マスクっと!」の販売を行っております。

マスク密着グッズ「マスクっと!」は、マスクにある針金をしっかりサポートして、マスクを顔にフィットさせます。職場で常時マスクの着用が義務づけられている方にも、非常におすすめのマスク密着グッズです。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 亀屋 マスクっと!開発営業部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.